レディースダウンジャケットが火葬されて化繊生地とゴム編みが溶ける

YouTubeに公開されている衣類焼却動画の中から、私の大好物であるジャンパー系の動画を紹介します。

今回火にくべられて燃やされるのは茶色(金色?)のレディースダウンジャケットです。動画の中盤辺りでたき火の中に投げ込まれます。

焼却前にドアップで映されるダウンジャケットは、触り心地の良さそうな化繊生地特有の光沢、弾力性のある程よいモコモコ感、袖口と裾のゴム編み、最近流行のファーも付いていて魅力的です。特に、裏地が見えるシーンで私の股間は勃起しました。ツルツルテカテカの裏地は軟らかそうで、チンポをしっとりと受け入れてくれるでしょう。こういう裏地に跨ってうつ伏せオナニーを楽しみたいものです。

妄想を膨らませてくれるダウンジャケットは、ファスナーを締められて、いよいよ火葬の準備が整いました。既にセーターやシャツ、スリップなど、婦人服が炎の中で朽ち果てています。処刑台の上には、そんな彼女たち(=婦人服たち)の残骸である黒い燃えカスが残っています。ダウンジャケットは、先ほどまで一緒に談笑していた彼女たちの死を目の当たりにして、とても怯えていることでしょう。しかし、撮影者は、そんなダウンジャケットの思いには関心を示さず、燃え盛る炎の中にバサッと放り込んでしまいました。

「やめて!燃やさないで!」と心の中で叫んだ私は、しかし、炎の中に悶え苦しむダウンジャケットを凝視してしまいます。股間が思いっきり怒張し、パンツ生地にこすれて、僅かにお漏らしをしてしまいました。先走り液は、ダウンジャケットに対する嘆きでしょうか?それとも、「燃え尽きる前にオナニーに使わせて!」という気持ちの表れでしょうか?

さて、たき火に投入されたダウンジャケットは、すぐには燃え上がりません。しばらく何事もないかのように熱せられるので、「もしかしたらこのジャケットは無傷で助かるのか?」と淡い期待を抱いたほどです。しかし、ダウンジャケットは悲惨な運命から逃れられません。

ダウンジャケットがキューッと縮み始めました。化学繊維を燃やすときに出る煤っぽい煙をまき散らしながら、モコモコしたジャケットが内側に収縮していきます。あれだけ豊満の美を見せつけていたにもかかわらず、どんどん小さくなっていくんですね。

ジャケットを背後から襲っていた火は表面にも燃え移り、袖の付け根部分を溶かしました。前身頃にも炎は侵食して、全身を焼き尽くそうと燃え盛っています。袖がボロッと落ちて、前身頃には大きな穴が空きました。風に煽られて白い灰が空に舞い上がります。溶けた化繊は炎の滴となってポタポタと地面に落ちていきました。

まだまだ誰かに着てもらえるはずだった美品のダウンジャケット――。それが、衣類焼却フェチの変態オヤジに拾われたばかりに、山の中で火あぶりされているのだから可愛そうです。私のムスコはもう我慢の限界でした。画面の向こうで愛しい人が火刑に処されているのを見て、「ダメ!出る!」と主張しています。私はコレクションの中から、燃やされているのとそっくりなダウンジャケットを取り出し、裏地で肉棒をくるみました。その瞬間、ペニスは躍動して、ドクドクとザーメンを噴出してしまいました。あっという間の射精でした。

再び動画に視線を移すと、辛うじて残った前面のファスナー部分が、まるで生き物の背骨のように最後までぶら下がっています。金属部分が燃え残っているんですね。そんなファスナーが、無惨な焼死体になってもなお最後まで抵抗しているようでした。そして、火葬場に転がる袖口のゴム編み――。それらを見ると、燃やされたのがダウンジャケットであることが偲ばれます。

ダウンジャケットの焼却が終わると、撮影者は次に白いカーディガンを投入します。新たな犠牲者が燃え盛る中、ダウンジャケットの残骸である袖口のゴム編みが、炎の中で黒く焼け焦げていく光景が何とも憐れでした。

私のムスコはコレクションの裏地に包まれたまま、一度精を放っても勃起しっぱなしでした。私は、この動画で初めて見たとき、続けざまに3回抜いてしまいました。自分の好きなデザインのダウンジャケットが燃やされるのは、とても悲しい一方で、こんなにも激しく興奮するものなんですね。私のうちに眠るドSな本性が露わとなる動画でした。

※動画は削除されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする