サテンジャケットとダウンジャケットが雪原で野焼きされるフェチ動画

私がオナネタに使ってるYouTube動画を紹介します。

まずは上の動画から。光沢の美しいグリーンのサテンジャケットが、雪の上で燃えている焚き火に放り込まれてしまいます。火はあっという間にジャケットに燃え移り、メラメラ音を立てながらサテン生地を溶かしていきます。小さかった穴がどんどん大きくなって……。紅の炎がサテン生地を食い荒らしていく残虐シーンを見られます。

化学繊維を燃やすと真っ黒い煙が大量に発生します。黒煙をまき散らしながら、原形を留めないくらいに朽ち果てていくジャケット……。緑色で美しい光沢を放っていたサテンジャケットが、袖口や裾のゴム編部分を残して消滅してしまいました。

チンポに巻いたら気持ちよさそうなジャケットなのに、鬼畜の所業によって燃やされてしまったのは残念です。焼却動画を見ているうちに、私の股間はビンビンに屹立して、亀頭の先っちょからカウパー液が溢れました。

しかし、動画はこれで終わりではありません。続きがあるんですね。下の動画では、ゴールドのサテン生地が美しい、ファー付きだうっジャケットが火あぶりに刑に処されます。

木の枝に吊るされたダウンジャケット――。雪原でジャケットが吊るされるだけでも、その異様な光景に私のペニスは反応しまくりです。しかし、このジャケットには、さらに過酷な運命が降りかかり、それを見た私のムスコは爆発寸前!私は、似たようなジャケットを持っているので、それをひざ掛け代わりにして動画を鑑賞しました。ひざかけといっても、ズボンもパンツも履かず、露出した男根に直接裏地を当てた状態なのは言うまでもありません。

さて、美しい光沢を放つジャケットの内部には、先ほど焼却されたグリーンのサテンジャケットの残骸が押し当てられます。仲間の遺体を使った凌辱は残虐の極みです。まだ炎が消えていないゴム編部分から火種が落ちて、ゴールドの化繊生地に小さな穴を開けてしまいました。ツルツルテロテロの美しい光沢生地に虫喰いのような穴ができて、これだけでも一発抜けるシチュエーションです。

しかし、本番はこれからです。サテンを燃やすことにとり憑かれた変態男は、今度はジャケットをガスバーナーで炙り始めました。ゴーッと炎が表面の生地を溶かし、白い中綿が剥き出しになっていきます。一旦燃え広がった炎は消える気配がなく、袖全体をドロドロに溶かしてしまいました。綺麗な女性に着てもらえるはずのダウンジャケットが、袖の取れたボロ服になって、無様な姿をさらしています。

炎は身頃部分にも侵食していきます。溶けて形が崩れてゆくダウンジャケットを眺めながら、私は興奮のあまりひざ掛けの上から、屹立したペニスをギュウッと握りました。性器に裏地のヒンヤリとした感触が伝わってきて、亀頭の先がじっとりと濡れていくのを感じました。焼却動画を鑑賞しながらの裏地オナニーは最高!

画面の向こうは黒煙に覆われています。変態男は溶け残った袖口のゴム編部分をもう片方の袖の下に置きました。無事だった袖にも火が燃え移って、どんどん炎が大きくなって……。身頃部分がほぼ崩れ落ち、もう片方の袖も燃え尽きてしまった後、燃え残ったファー付きフードだけが木の枝からぶら下がった状態で燃え続けます。手触りの良さそうなフサフサのファーも、火が燃え移って黒く変色しながら溶けていきます。溶けた化学繊維がポタポタと滴り落ちる光景は、ダウンジャケットが最後の最後で赤い涙を流しているように見えました。

残虐な火刑の一部始終を、変態男は撮影しているようです。ピント合わせのピピッという音が、静かな雪原に響きます。この変態男は、ダウンジャケットを虐殺した一部始終を写真として残し、これからもずっとさらし者にするつもりなのでしょう。鬼畜の所業!

私は、動画を見ながら、抑えきれない衝動に駆られました。下の動画で燃やされるジャケットにそっくりな、レディースのファー付きゴールドジャケットの裏地をひざかけ代わりにしていたのですが、その裏地にドピュッと射精してしまいました。しかも連続で2回!

私の性欲処理のために裏地をザーメンまみれにされるジャケットと、雪原で野焼きされるジャケット――。本当に可愛そうなのはどちらでしょうか?(笑)

それはさておき、ジャケット焼却動画のインパクトが強過ぎて、2着のダウンジャケットが燃えていくシーンが、私の頭からしばらく消えませんでした。夢にまで2着が出てきて、私は助けようとするのですが助けられず、「もったいない、もったいない……」と言いながら、火刑の一部始終を眺めていました。目覚めたとき、パンツの中がぐっしょり濡れていました。夢精してしまったんですね(笑)

そのくらい、今回紹介した動画は最高でした。好みのジャンパーやダウンジャケットが焼却されたり破壊されたりする動画が無料で見られるので、ふつうのAV作品では抜けなくなってしまうくらいです。こんな私の気持ちは、同じ性癖の持ち主でないと理解できないんでしょうね。語り合える仲間が欲しいものです。