ランドセルが燃えるごみ?卒業シーズンに女児服が衣類ゴミとなる理由

3月は、あちこちの小学校で卒業式が行なわれます。6年間一緒に過ごした仲間たちとの別れに涙する卒業生たちも、数日すれば悲しみが薄れ、その後は中学進学への期待にワクワクし始めるのではないでしょうか?

そんな時期に行なわれるのが、子ども部屋の大掃除です。卒業生とその親は、小学時代の思い出を整理し、中学入学への準備としてスペースを確保するため、要らないものをどんどん捨てていきます。中学では科目数が多く教科書も増えますから、本棚周りを中心に不要なものを処分する必要があるんですね。

多くの場合、小学校で使った教科書やノート、ワークなどは捨てられます。さらに心無い家庭ではランドセルも燃えるゴミに!6年間の思い出がたくさん詰まったランドセルが、燃えるごみの日にゴミ置き場にドサッ!

そんな悲しい風景を映したのが冒頭の動画です。袋に入った燃えるごみが山積みにされているゴミ置き場に、赤と黒のランドセルがむき出しの状態で置かれています。ゴミ袋にすら詰められていないランドセルたちは、処分される前の姿を公衆の面前でさらされ、ひときわ哀愁が漂っています。

赤と黒があるということは、兄妹のランドセルでしょうか?双子の仲良し兄妹が部屋を整理していて、弟が「ランドセルもう要らねー!」と言ったのに対して、姉も「私も要らない」と同調して、それを聞いた母親が「じゃあ、両方捨てましょうね」と決める――そんな流れだったのかもしれません。もしくは、数年前に卒業した兄のランドセルを保管していた母親が、妹の卒業をきっかけに、まとめて兄妹のランドセルを処分することを思い立ったのかもしれません。動画からは背景がわかりませんが、さまざまな可能性が想像されて、私はつい涙ぐんでしまいました。

動画の中では、黒いランドセルが、他のゴミ袋に押し潰されて苦しそうです。赤いランドセルには、大きなキーホルダー(?)みたいなのが付いているようです。女の子はランドセルを飾るのが好きですから、こんな大きなのをぶら下げて、毎日登校していたのでしょうか?2つのランドセルは、すぐ近くにゴミ収集車が迫っているとも知らず、静かにたたずんでいます。

山積みされたゴミは、ゴミ収集車の回転盤に巻き込まれて、どんどん潰されていきます。2人の作業員は、何の感情もなく、お仕事として淡々とゴミを放り込んでいるのでしょう。ゴミ山が半分以上なくなったところで、ゴミ収集車がさらにランドセルたちに接近!いよいよランドセルがゴミ収集車に放り込まれる瞬間を見られます!

作業員が、黒いランドセルの肩ベルトを、赤いランドセルの被せの部分をつかんで、ゴミ収集車の前に持っていきました。ランドセルたちは、「嫌だ!捨てないで!助けて!」と無言の叫び声をあげているのではないでしょうか?しかし、ランドセルたちの思いは、マシンのように冷徹な作業員には伝わりません。作業員は、最初に黒のランドセルをゴミ収集車の中に投げ入れました。その上に赤いランドセルもポイッ!

回転盤が上から迫って、2つのランドセルをあっという間に押し潰して、見えなくしてしまいました。ウイーンという機械音とともに、メリッという粉砕音も聞こえますが、それはもしかしたらランドセルたちの断末魔の叫びだったのかもしれません。こうして6年間の思い出の詰まったランドセルたちは、不衛生な燃えるごみと一緒に潰され、消えていったのでした。

さて、今回の動画ではそうなっていませんでしたが、ランドセルが置いてあるゴミ捨て場には大抵、他の学童用品や衣類ゴミも山積みされています。教科書やノート、小学校時代胃に着ていた衣服や子ども部屋に置いてあったぬいぐるみなどです。特に私がムラムラしてしまうのは、やはり女の子の衣類ゴミですね。袋詰めされたピンクや赤の服をゴミ置き場で見ると、思わず勃起してしまいます(笑)

卒業シーズンの衣類ゴミに特徴的なのが、捨てられる子供服に季節が関係ないことです。まだ寒さが残っている時期なのに、冬物のコートやジャケットが捨てられているケースが多いんですよね。それはなぜでしょうか?

おそらく小学校を卒業した女の子に「子どもっぽい服はイヤ」という意識が芽生えるのでしょう。部屋を掃除し終わった女の子と母親の会話を再現してみますね。

女子「部屋の掃除が終わったから、この服捨てといて」

母「あら、こんなに要らないお洋服があったの?」

女子「うん、もう着ないから」

母「でも、このダウンジャケット、去年の11月に買ったばかりよ」

女子「でも、そんなピンクのダウンジャケット、もう着られない。だって、私、4月から中学生になるんだよ!いつまでも子供っぽい服着られないじゃない!」

母「もったいないわねぇ……本当に着ないの?」

女子「うん」

母「仕方ないわ、じゃあ、捨てるからね」

こんな感じのやり取りを経て、女の子の部屋から大量に不要衣類が排出されるのでしょう。それが、次の燃えるごみの日にゴミ置き場に山積みされるのではないでしょうか?

女の子って残酷ですね。「子どもっぽい」という理由だけで、まだ着られるお洋服たちがゴミにされることに、私は悲しみを覚えると同時にムラムラしてしまいます。可愛らしい女児服が生ごみと一緒にゴミ収集車に巻き込まれ、汚物や生ごみの汁と混ざり合って押し潰され、最後には焼却場で燃やされてしまいます。

私は、気の毒な女児服たちを救出したいと思うんですね。救出してあげたジャンパーやダウンジャケット、コート、制服などは、もちろん性奴隷として私に一生仕えなければなりません。むき出しにされた裏地で肉棒を優しく包み、ドピュッとあふれ出すザーメンを受けとめるオナティッシュの役割も果たすことになるでしょう。そんな扱いを受けるくらいなら、女児服たちは燃えるごみとして焼却処分された方が幸せなのでしょうか?(笑)

「女性の衣服を精液で汚す動画を見たい!」というフェチの皆さんにオススメなのがザーメンぶっかけ専門店「ミルキーキャット」!

厳選された美女たちがセーラー服や制服ブレザー、OLスーツなどに身を包み、顔面に大量のザーメンを浴びるぶっかけ動画の数々。白濁する制服やスーツは最高のオナネタです。オナニーのし過ぎには十分注意してくださいね。

ミルキーキャット月額会員の入会はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする