デニムのショートパンツが切り裂かれて性器を露出する穴が出現!?

世の中にはデニム生地でオナニーするフェチもいます。彼らにとっては、デニム生地のゴワッとした感触が、ペニスを刺激するのにちょうどいいみたいです。デニムでチンチンを擦ったら亀頭が傷つきそうですが……。デニムフェチは、鍛え上げられた男性器の持ち主なのでしょう(笑)

さて、『デニムに開いた陵辱の穴』はデニムフェチにオススメの作品です。病院を訪れた大崎貴子さんを待ち受けていたのは、覆面をした変態医師でした。変態どもは、貴子さんを手錠やロープ、ボンテージテープなどで拘束し、まんぐり返しの恥ずかしい格好で固定してしまいます。これだけでも貴子さんにとっては屈辱です。しかし、責めはさらに続きます。

最初のうちは、貴子さんの股間を、デニムのショートパンツ生地越しに大人のおもちゃで刺激するだけです。しかし、それに飽き足らない変態どもは、とんでもないことを始めます。なんと、デニム生地をハサミで切り裂いてしまいました!

厚手の生地を裁断するときのジョキジョキッという音が響き渡り、貴子さんの股間部分に大きな穴が開いてしまいました。ショートパンツからすれば、「どうしてこんなのことをするの?私は、貴子さんのオマンコを守る役割を果たさなければならないのに!」という気持ちでしょう。ショートパンツは、もう二度と女の子の下半身を覆う目的で使われることはないはずです。

デニム生地の裂けめから見えるのは、パンティーの白い生地です。女性器をガードする最後の砦であるパンティーも切り裂かれ、その裂け目からは卑猥な割れ目が……。変態どもが貴子さんのオマンコをおもちゃで刺激すると、貴子さんは「ああ、嫌……」と甲高い声を発するのでした。

貴子さんの膣穴に突っ込まれたバイブが激しく振動するたび、マン汁がドロドロと溢れ出します。汚らしい液体がデニム生地に滴り、その部分がお漏らししたときのように、ジワリと変色していきます。恥ずかしい穴を空けられたショートパンツは、失禁の洗礼まで受けて、もはや立ち直れないほどの屈辱を味わったことでしょう。撮影が終わったらゴミとして処分されるだろうデニムに合掌!

★★★動画の詳細は下の画像をクリック!★★★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする