ウエディングドレスが海水で濡れる!波に揉まれる純白の化繊が美しい

今回はロマンチックな動画を紹介しましょう。

ウエディングドレスを着た金髪美女と、スーツ姿のイケメン青年が海岸に立っています。風になびくウエディングドレスのベール……。新婚ホヤホヤのカップルが、結婚式を抜け出して海にやってきた感じですね。もしくは、女性の結婚式を妨害した男性が彼女を攫って逃避行をしたというドラマかもしれません。いずれにしても、2人は海岸に立っているのです。彼らはこれから何をするのでしょうか?

息を呑んで見守っていると、なんと、男女は砂浜から海水に入っていくではないですか?

純白のドレスは海水でビショビショ、光沢ある化繊生地は波に揉まれて濡れ濡れ……。水分を布地が女性の体にまとわりつき、プロポーション抜群のラインをいっそう際立たせます。普通の男性なら女体の方に目が釘付けになるのでしょう。しかし、衣服フェチの私は、波に洗われるウエディングドレスばかりが気になりました。

女性がグッチョリ濡れる様子をカメラマンが追いかけて撮影します。ウエディング会社のPVでも制作しているのでしょうか?本格的な撮影ですね。

さて、動画はまだまだ続きます。彼女は砂浜に寝ころびました。白い布地に砂が付着するのも気にせず……。しかし、ドレスの汚れは海水が洗い流してくれます。彼女の全身が波に飲まれ、まるで人魚のような美しさを見せてくれます。ウエディングドレスを纏った人魚が水遊びし、彼女の処女の証しは海水と砂とでドロドロ……。

そんな彼女をお姫様抱っこする男性――。彼もまたずぶ濡れになりながら、愛しの女性に寄り添うのでした。最後に岩の上に2人で腰かけている写真はとてもロマンチックです。人魚が人間の男性との恋を成就させたものの、魔法の期限が切れて、「もう私、帰らなければいけないの……」と男性に話しているかのようです。おとぎ話のワンシーンが私の頭の中で再現されましたが、それと同時に、子どもの頃に妄想していたずぶ濡れドレスの記憶も蘇ってしまいました。幼い私は、絵本を読みながらも、衣服が汚れることばかり考えていたんですよね(笑)

本来は結婚式場を優雅に歩くはずのウエディングドレスが、写真撮影のために海水を浴びせられ、もう二度と着用できない状態になってしまいました。この後、ドレスはどうなるのでしょうか?クリーニングして、別の写真撮影で再利用するのでしょうか?それとも燃えるごみとして廃棄されるのでしょうか?

撮影後のウエディングドレスの行方にも思いを馳せながら、私は美しい写真を眺めては、一人でムラムラしていました。

「女性の衣服を精液で汚す動画を見たい!」というフェチの皆さんにオススメなのがザーメンぶっかけ専門店「ミルキーキャット」!

厳選された美女たちがセーラー服や制服ブレザー、OLスーツなどに身を包み、顔面に大量のザーメンを浴びるぶっかけ動画の数々。白濁する制服やスーツは最高のオナネタです。オナニーのし過ぎには十分注意してくださいね。

ミルキーキャット月額会員の入会はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする