ニーハイに挿入して射精!生地の触感と脚の温もりで抜くフェチプレイ

「ニーハイ」は “knee high(knee-high)” で、「膝上」「膝上丈」の意味で用いられる用語です。

「ニーハイ」は、日本のファッション業界における誤用表現で、世界共通のワードではないそうです。本来の「ニーハイ」は「膝丈」「膝までの高さの」を表し、英語における「膝上丈」は「オーバー・ニー」あるいは「オーバー・ザ・ニー」という表現を使います。そのため、英語圏で「ニーハイ」を使う場合は要注意!

そんなニーハイをテーマにした動画作品が『ニーハイソックスにチ○ポ差し込んでそのまま発射』です。タイトルからして脚フェチやソックスフェチを意識していますね。まさに「フェチ野郎ホイホイ」(笑)

見どころは、変態オジサンによる数々のフェチプレイです。ニーハイソックスにローションを垂らし、ヌルヌルテカテカになったところにオジサンはペニスを擦り付けます。光沢を放って粘液を滴らせるソックスは、まるでそれ自体が生き物のように、オジサンを快楽の虜にします。私はこれまでソックスに欲情することはありませんでしたが、ローションによって光り輝く生地は化繊裏地にも通じるものがあり、ちょっと萌えますね。

ソックスを舐め回すシーンもヤバすぎ……。オジサンが女子校生の生足に舌を這わせ、レロレロとその味を堪能しています。ソックスの灰色生地に付着する唾液。オジサンの恍惚の表情を見ていると、「ソックスってそんなに美味しいの?」と思ってしまいます。が、私が舐めても、口の中に繊維が残るだけで美味しくないでしょう。ソックスフェチでなければ分からない味わいがあるのだと思います。

偏執的な欲望の対象とされたソックスは、もはや女子校生の脚を包む布キレではありません。卑猥なエロ生物と化したそれは、オジサンの五感を刺激しながら誘惑します。そんな挑発に負けたオジサンがたどり着いたのが、そう、ソックスとのセックスです!

オジサンは屹立した男根をニーハイソックスと生足の隙間に挿入します。キュッと締め付けるソックスのゴムの感触とゴワッとした生地の触感、そして女子校生の生足から伝わってくる温もり……。ルーズソックスとは違った、緩過ぎずきつ過ぎない圧迫感がペニスを満足させるのでしょう。もしかしたら、膣に生で入れたときのような気持ちよさがあるのかもしれません。

オジサンはピストン運動を始めます。亀頭がソックス生地と人肌の間で擦れ、嫌らしい音を立てながら、疑似セックスが本当のセックスを思わせるエロさを醸し出しています。オジサンはソックスと交尾しているのです。子孫繁栄という生物的な本能から解放され、人ではないものと性の営みを楽しむその姿は、まさに人類の最終進化形態!

綿の混合率の高いソックスの生地は、ザラッとした感触が男性器にまとわりつきます。一方で女子校生の脚のスベスベなお肌は、敏感な亀頭を優しく撫で擦ってくれます。生地と肌との相互作用で、快感はより強くなり、オジサンはあえなく射精。濃厚なザーメンがソックス生地に滲みます。ペニスを抜き取るときに糸を引くのも卑猥です。

ニーハイソックスと脚を使ったフェチプレイを知った以上、誰かで試したいと思うのがフェチです。私もいつか、動画と同じように、ニーハイソックスとのセックスを楽しみたいと思います。

★★★動画の詳細は下の画像をクリック!★★★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする