ファー付きダウンジャケットが木に吊るされて火刑に処される焼却動画

私がオナネタに使っているYouTube動画を紹介します。今回は、レディースのファー付きダウンジャケットが木に吊るされて火刑に処される動画です。

鮮やかなパープルのダウンジャケットは高級な雰囲気を醸し出しています。化繊生地の光沢が艶めかしく、私好みのゴム編みも袖口と胴回りについています。中綿の量もちょうど良さそうで、抱き着きたくなるモコモコ感がありますね。ボリュームのあるファーは本物かもしれません。このダウンジャケットを着た女性を街中で見かけたら、私は思わず凝視してしまうでしょう。そのくらい魅力的なダウンジャケットが、なぜか木の枝に吊るされています。この後、ダウンジャケットには、想像を絶する悲劇が降りかかります。

ダウンジャケットの裾のゴム編みのちょっと上、裏地にライターで火をつけられました。小さな炎がみるみる大きくなり、赤い熱源が表面の紫色にどんどん燃え広がっていきます。ナイロンかポリエステルであろう化学繊維は黒く焦げながら穴を拡大していきます。熱に溶かされていく化繊の憐れな姿がドアップで映されるのが、何とも残酷でした。

――この裏地にペニスを擦り付けたら気持ちいいのに……

最愛のダウンジャケット裏地が処刑されるのはたまりません。私は我慢ができなくなり、同じ色合いのダウンジャケットをコレクションから引っ張り出し、紫色の裏地にチンコを擦りつけました。画面の向こうで無残な姿をさらしているダウンジャケットにムスコはビンビンに反応し、激しく裏地を突き上げます。この時点で既にカウパー液が漏れて、私の亀頭をあてがわれている裏地にうっすら染みができてしまいました。

さて、動画に戻りましょう。メラメラと炎に炙られる裏地は、表面の化学繊維が溶けて、白い中綿が露出しました。そんな中綿も黒く焦げ付きますが、撮影者は、いったん炎を足で消しました。ダウンジャケットが可哀想になって、焼却を中止しようというのでしょうか?

ダウンジャケットの裏地には、無惨に焼け焦げた穴が開いていて、もはや修復不可能です。傷の痛みに震えているように見えるダウンジャケットの袖に、撮影者はライターの火を近づけます。熱源を押し当てられた化学繊維は瞬く間に炎上――。激しく燃え広がる紅蓮の炎が腕を溶かし、溶け残った一部がポタッと地面に落ちます。まるでダウンジャケットが泣いているようです。

炎はダウンジャケットの全身を、凄まじい勢いで包みこんでしまいました。高級そうなファーにも火が燃え移って黒く焦がします。煤の混じった煙が森の中に漂っています。化学繊維を燃やしたときのあの特有の臭いが、辺り一帯に広がっているのでしょう。火葬場で死体を焼くときの煙みたいです。

炎に焼き尽くされたダウンジャケットは、もはや木の枝にぶら下がっていることもできません。力なく枝から落ちたダウンジャケットの残骸を、炎は執拗に焼き焦がします。肉片一つ残さない残酷な炎は地獄の業火さながらです。ダウンジャケットは原形を留めない、黒くて小さな塊が地面に残りました。

かつてダウンジャケットだったものを見ながら、私は、股間にあてがったダウンジャケットの裏地ごと、男根をギュッと握りました。火刑に処されてこの世から消えていったダウンジャケットに思いを寄せながら、「可哀そうに……可哀そうに……」と言いながら、裏地でペニスを扱きます。現在自分の手元にあるダウンジャケットも同じように焼却されることを想像したら全身に電撃のようなものが走りました。と同時に、亀頭の先からは濃厚ザーメンがほとばしりました。裏地にベッチョリ付着した白濁液は、フェチの慰み物として処刑されたパープルのダウンジャケットに対する私の哀悼の気持ちでした。ダウンジャケット焼却動画を鑑賞しながらオナニーするのは、最高に気持ちの良いひとときです。

★★★動画の詳細は下の画像をクリック!★★★

衣服切り裂き・汚し動画館