セーラー服を汚す赤い蝋燭!JKを麻縄で緊縛する父が制服を折檻する

セーラー服と緊縛はそれだけでも絵になるのですが、着衣のまま蝋燭を垂らすことでセーラー服が汚れていくと、さらに興奮度が高まります。『堕天使せいら』では、鳴海せいらさんのセーラー服が赤い蝋で汚れていくのが抜きどころです。

ミユキちゃん(せいら)と義父が倉庫に来るところからストーリーが始まります。義父はビデオカメラを取り出して「ミユキ、パパ、良いこと思い付いたんだ」と変な提案をします。嫌がるミユキちゃんですが、最終的に義父に捕まって麻縄で縛られてしまいました。ミユキちゃんと義父のやり取りがいろいろあるみたいですが、そこら辺はスキップして先に進みましょう。

ミユキちゃんを吊り緊縛した義父は「私だけのせいらだ」「私にはおまえしかいないんだよ」などと気持ち悪いことを言いながらクスクス笑います。よくある継子いじめのような展開になっています。気持ち悪い義父ですが、そこは我慢です(笑)

義父は電動ディルドなどでミユキちゃんのオマンコを散々いじくり回した後、いよいよ蝋燭責めが始まります。「何だかわかる?フフフ」と赤い蝋燭に火を灯し、仰向けの姿勢で宙吊りになっているミユキちゃんの体に蝋を垂らしていきます。セーラー服の上着ははだけられているとはいえ、着衣のままです。セーラー服の白い生地にも紺色のカラーにも赤い蝋が点々と染みを作っていきます。「やだ、やめて」と泣き叫ぶミユキちゃんですが、本当に嫌なのはセーラー服の方でしょう。普段の生活では絶対にあり得ない仕打ちを受けているのですから。

義父が「熱いの?じゃあ、気持ちいいことしながら、しようか?」と言って、ミユキちゃんのオマンコに電動ディルドを挿入して、それでも蝋燭責めはやめません。ミユキちゃんが「熱い、熱い」と叫びますが、そんなのお構いなしに義父は「せいら、綺麗だ」と言いながら蝋を垂らし続けます。

ミユキちゃんの上半身も下半身も真っ赤な蝋に覆われてしまいました。特に上半身がアップで映されたとき、赤い染みだらけのセーラー服の上着も見えて、特に腕の辺りの蝋の付着具合が出血のように見えます。苛め抜かれたセーラー服が血を流したかのようです。何も言えない、決して抗えない、そんなセーラー服がSMプレイでゴミと化したのでした。

ミユキちゃんがセーラー服を着ているのは吊り緊縛&蝋燭責めまでです。それ以降は全裸のミユキちゃんが義父に緊縛されながらセックスするだけですので、好きな人は見ればいいと思います。私は蝋燭で汚されたセーラー服を鑑賞するだけで十分でした。

★★★動画の詳細は下の画像をクリック!★★★

当サイト内のサンプル動画の多くは、有限会社APEXが運営するアダルト動画配信サイト「DUGA」から提供されたものです。

有限会社APEXは健全で優良な日本企業で、20年にわたって、有名な企画物からマニアックなフェチ作品まで幅広く配信してきました。詐欺や個人情報漏洩などの危険がなく、法的に不安のある無修正動画も販売していません。

安心安全なDUGAですが、サンプル動画を見放題(無制限)にするには無料会員登録が必要です。無料会員登録に必要なのはメールアドレスだけで、退会も簡単です。架空請求などの心配もありません。

この機会に以下のページから無料会員登録することをおすすめします。

セーラー服
服裂フェチ男をフォローする
衣服切り裂き・汚し動画館

コメント

タイトルとURLをコピーしました