制服ブレザーに精液とゲロをぶっかけ!ドMなJKが汚物まみれで散歩

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Twitterではたまに、精液や排泄物で汚れた制服を乾かし、その制服をちゃう要した状態で外出する変態さんを見かけます。そんな変態さんのようなプレイを見せてくれるのが『汚物便器凄惨変態委員長 柏原さゆこ』です。作品紹介にもありますが、ブレザー制服ぶっかけ~ゲロブレザー散歩を観られます。私好みの裏地付きブレザーがドロドロです。

JKの柏原さゆこさんはちょっと年が……という感じもしますが、着ているブレザー制服はいかにも女子校生っぽく、特に上着の裏地は気持ちよさそうです。「最近は合唱コンクールがありました。すっごい大変だったんですけど」などと楽しそうに話す学級委員長さんですが、真面目そうな外見に似合わず、その本性はドMです。「便器になろうか?」と言われて「はい」とうなずきます。ブルーシートの上にひざまずいて、便器の被り物をしてパンティーで顔を覆い、「私は汚い変態肉便器です。こんな学級委員長ですみません。ごめんなさい」と謝りました。

「いっぱい汚してください」と懇願するさゆこさんは、屋内では本当に便器としての真の姿をあらわにします。口の中に指を突っ込まれ、喉奥を刺激されてよだれダラダラ……。監督が唾液の付着した手でさゆこさんの胸を揉みしだきますが、さゆこさんは制服を着たままです。さゆこさんは「汚れちゃう」と言いながらも、制服が汚れるのも気にせずなされるがままです。ブレザーの化繊裏地も見えて、私はこの時点で勃起してしまいました。

さらに喉奥を手で刺激されたさゆこさんはオゲエッとゲロを吐きました。薄黄色い吐瀉物が口からあふれて、制服リボンとセーターをねっとりと汚してしまいました。監督がゲロで汚れた手で制服を触り、さゆこさんが「汚い」と言うのも無視して、汚物を塗りたくります。この後、電動おもちゃや生チンポでさらにゲロげろ吐きまくるさゆこさんは、うんこが流れずに逆流する便器の欠陥品さながらです。

制服ブレザーをゲロとウンチで汚せ!JKも女教師もいじめでドロドロ
制服ブレザーを着用したちょいブス女子校生が、過酷なイジメで大量のゲロとウンチをぶっかけられます。臭そうな吐瀉物を浴びたブレザーが汚過ぎ!

私がもっともおすすめしたいブレザー制服ぶっかけ~ゲロブレザー散歩では、屋外で複数の汁男優のペニスを咥えるさゆこさんが、制服に濃厚ザーメンをぶっかけられます。ブレザーに茶色い染みがすでについているのは、ゲロで汚れたのをクリーニングしていないからでしょう。さゆこさんは勃起した肉棒を舐めしゃぶりながら「ください、ください」と精液をかけてもらうことを望みます。ブレザーの両側に大量のザーメンをぶっかけられ、それを拭き取らずに外を歩かされます。

さゆこさんは「固まっちゃったら落ちないかも」と言いながらも、そのまま散歩します。こんな不潔なブレザー制服を着ているさゆこさんを一般人が目撃したら驚くでしょう。途中で、前に吐いたゲロをブレザーの背中などにも塗りたくられ、さらに汚されます。「だれか来るかも」と不安そうな顔をしている肉便器ですが、むしろ誰かが来て、徹底的に汚された制服を見てほしいようで、「気持ちいい」と口走るマゾっぷり。

ザーメンとゲロでテカって、乾いたところが白くかぴかぴになったブレザー制服を着たまま、シャボン玉遊びをするさゆこさんは、どこか頭のねじが緩んでいるのかもしれません。「恥ずかしい」と言いつつも、歩いているのは、どう考えても人が来なさそうな自然公園?の散歩道なので、まだまだ修行が足りません。ここまでブレザー制服を汚したのですから、このまま都会の電車にでも乗ってほしいです。

こんな頭のおかしい作品の制作のために制服が本当に気の毒です。ブレザーは化繊裏地が気持ちよさそうなのに、精液と吐瀉物を塗りたくられ、見るも無残な汚物と化してしまいました。私の股間は強い憤りを感じて屹立し、何度も何度も精を放ってしまいました。許しがたい鬼畜行為なのに何度も観てしまうのがこの作品の魅力です。

★詳細は下の画像をクリック!★

当サイト内のサンプル動画の多くは、有限会社APEXが運営するアダルト動画配信サイト「DUGA」から提供されたものです。

有限会社APEXは健全で優良な日本企業で、20年にわたって、有名な企画物からマニアックなフェチ作品まで幅広く配信してきました。詐欺や個人情報漏洩などの危険がなく、法的に不安のある無修正動画も販売していません。

安心安全なDUGAですが、サンプル動画を見放題(無制限)にするには無料会員登録が必要です。無料会員登録に必要なのはメールアドレスだけで、退会も簡単です。架空請求などの心配もありません。

この機会に以下のページから無料会員登録することをおすすめします。

ゲロ
服裂フェチ男をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました