セーラー服を小便で濡らす女子校生!おもらし染みがスカートに広がる

女子校生の制服スカートは、いつも椅子とお尻の間で圧迫されて気の毒です。着用者がおならをしようものなら、糞便臭をもろに嗅がされるのですから、本当に憐れです。

そんな奴隷さながらの制服スカートにとって、最も耐え難い仕打ちがおもらしでしょう。女子は男子に比べて尿道の締まりが弱いといいますからね。我慢しきれくなった女子がおしっこをジョロジョロ……。

妄想するだけで勃起するおもらしシチュを再現しているのが『お嬢様女子校生のおもらし』です。

授業中に尿意を催したお嬢様は、「トイレに行かせてください」とも言えずに、苦悶の表情で我慢をし始めます。お嬢様の頭の中では、「おしっこのことを忘れよう」と思えば思うほど、「おしっこ」という言葉が渦巻いて尿意をさらに大きくしているのでしょう。本来は可愛らしいお顔が鬼のような形相になっていますよ(笑)

体をモジモジさせながらいよいよ我慢できなくなったお嬢様――。「もう我慢しなくていいんだよ」という悪魔のささやきが聞こえたのかどうかはさておき、ジョバーっと漏らしてしまいました。

太ももを伝う小便がビチャビチャと音を立てて床にって滴り落ちます。白いソックスもおしっこで濡れていって、もう恥ずかしいの何のって……。お嬢様は顔を手で覆って、失禁した恥ずかしさを感じながらも、何をどうすればいいのかパニック状態!

しかし、そんなお嬢様の苦しみとは関係なく、一度緩んだ尿道は最後の一滴まで絞り出そうと頑張っています。「こんなに出るものなの?」というくらい大量の尿があふれて、それがグレーの制服スカートを濡らしていきます。

座っている姿勢だとなかなかわかりませんが、スカートは確実に汚染されているはずです。「濡れてアンモニア臭くなっていくスカートをもっと見たい」と思っていると、お嬢様は席を立ちます。案の定、スカートにはおしっこが染みを作っていました。

座っていると、小便かお尻の方にも回るので、立ったときにスカートのお尻の部分にもおもらしの痕が残ってしまいます。グレーの生地に広がったそれは、まるで世界地図に描かれた大陸みたいな神秘的な模様でした。

スカートからすれば、「なんで私がこんな目に遭わなきゃならないの?」というのが本音でしょう。締まりの悪い尿道が着用者だったばかりに、小便を浴びせられるという屈辱を味わわされたスカートが憐れ過ぎて、私は思わず勃起してしまいました。

女子のおもらしって、本当に残酷ですね。スカートを回収して、小便臭い染みに向かってザーメンを浴びせてあげたいです。

後半は、おしっこ計量というよくわからない展開になりますが、スカートの汚れさえ見られれば幸せな私にとっては要らないシーンでした。

★★★動画の詳細は下の画像をクリック!★★★