宇宙刑事の衣装が血まみれ!ヒロインが全身真っ赤に染まる狂気の拷問

『ヒロイン残酷物語5』では、若林美保さんが演じる宇宙刑事アニカが、宇宙征服を企む悪の組織・死神帝国の総帥・極悪死神から徹底的な拷問を受けます。ドライアイスやガスバーナーを使った責め、爪と肉の間に針を差し込み、五寸釘を手に打ち込んで、最後には電動のこぎりで割腹して臓物を引き出す……。おぞましい展開ですが、若林美保さんはリアルに演じています。人によっては吐き気を催すシーンの連続でした。

もっとも、私が興奮するのは、アニカが身にまとっている西部劇のような衣装です。この手の作品にありがちな、服をむしり取って全裸にして……ではないため、拷問のたびに衣装が血まみれになっていきます。

アニカの傷口から溢れ出る血はかなりの量です。口からゲボッと吐き出した血が、白いシャツに茶色いチョッキとスカートに滴ります。更に、全身からも血が溢れて生地を赤くしていくんですよ。結構お金のかかっているだろう衣装が血でグズグズに汚れていく光景は興奮の連続でした。

私は、テレビや映画の特撮モノでヒロインがボロボロになるシーンに注目してしまうド変態です。彼女たちの衣服がボロボロになるシーンがあれば、それを目に焼き付け、その後のオナネタにしていました。小さい頃からそういう性癖があったので、仮面ライダーや戦隊ヒーローの番組を見ても、話の内容がすっかり抜け落ちて、エロイ妄想だけがいつまでも頭に残るんですよ。

幼少期から異常性癖の持ち主だった私は、『ヒロイン残酷物語5』でようやく満足できる特撮ヒロインものに出会えました。『ヒロイン残酷物語5』にはストーリーがほとんどありません。ひたすらヒロインが拷問され、腹を割かれて惨殺されるだけです。そういう設定の方が、ストーリーを気にしなくていい分、オナネタにするにはちょうどよかったんですね。真っ赤になったアニカの衣装にぶっかけるつもりで射精したら、いつもよりも濃厚な精液がドピュッと出てしまいました。

★★★動画の詳細は下の画像をクリック!★★★